リサイクルプラント

head_img

リサイクルコンクリートが出来るまで

建築現場や解体現場から発生したがれき類(コンクリートやアスファルト)を含んだ廃棄物は、そのままでは産業廃棄物と括られてしまいます。

今井組では、中間プラント処理施設にて受入れを行い、リサイクルプラントで選別や破砕を行うことで、再度利用価値のある資源として再利用できるよう処理をしております。

1.リサイクルプラント工場

01

愛知県豊田市保見にあるプラント出入り口付近です

2.廃材コンクリート搬入

01

解体現場や工事現場で排出されたコンクリートがらなどのがれき類

3.処理前作業

01

大きなガラ、石などを小さく割り破砕プラントに送ります

4.破砕処理

01

5.リサイクルコンクリート

01

リサイクルされたRC40になります

6.路盤材として再利用

01

公共工事並びに民間工事問わず路盤材、埋め戻し材として利用します

改良プラント

建設発生土の受け入れをし、改良土として良質な土にもどすリサイクル事業を行っています。 土も大切な資源の一つなので、積極的にリサイクルを行います。

01
01

リサイクルプラントのお問い合わせ先

お気軽にご相談・お問い合わせ下さい

工場名
コンクリートリサイクル保見工場
所在地
豊田市保見町上三戸口34-1
電話
TEL0565-48-2488
ファックス
FAX0565-42-5933
GoogleMap